国際特許・商標取次サービス

皆さんは国際特許や商標に関してどんな印象を持っていますか?

特許や商標って何となく敷居が高い感じがしますか?確かに私もそんな印象を昔から持っています。国内では弁理士の先生がたくさんいて、国内特許や商標をサポートしてくれます。しかし国際特許はどうでしょうか?

まず国際特許や商標は、日本でとっておけば国際的にも守られると思っていませんか?私も昔弁理士や社長の先輩からそのように聞かされたことがあります。しかしそれは正しくありません。

私もよく、中国に輸出したいので向こうの企業に売り込みたい。紹介してくれないかという相談を受けます。まず最初に聞くのは、相手先の国で特許登録または商標登録をしていますか?ということです。

もししていないのなら、まずはそこからアドバイスします。

特許を申請すると、返って真似されるという理由から、敢えて特許を取得しないという方がいらっしゃいます。しかし海外と取引を考えた際には、それは全く通用しません。特許や商標登録していない製品を海外に売り込むのは無理です。特に中国市場は絶対無理。特許や商標登録をしないで海外へ賞品を売るのは、自動車保険に入らないで自動車を運転するのと同じような行為です。とても海外企業は付き合ってくれません。日本の中小企業の製品が相手にされないのは、製品のコストだけではなく、そういう権利意識の希薄さにも大きな原因があります。

ではなぜ日本の権利意識が希薄なのでしょうか?特許や商標のハードルが高いと思っているからです。誰がそうさせているのでしょうかね。ご想像におまかせします。

ところで、国内しか扱ったことのない弁理士の先生は、国際特許・商標をどのように取り扱っているのでしょうか?答えは簡単、取り扱ったことがある弁理士に取り次いでいるのです。だから手数料が余計にかかるのは当然です。

そして、もし海外で権利侵害が起きて係争が起きたらどうしますか?国内の弁理士はそんな対応はしてくれません。そして海外での特許侵害に対する対策はどうやるか彼等は知っていますかね。知っていても実際に起きたら対処できるのでしょうか?

弊社では相談が持ち込まれる時に、まずはその辺を確認します。後で話すより最初に想定しておいてもらわないと困るからです。

しかしながらこのままでは日本の製品が海外で不利な形になっていってしまうと思い、取次サービスを始めることにしました。弊社は弁理士事務所ではないので、国内の権利を扱うことはできません。国際特許・商標だけです。

弊社の取次先は、台湾に本拠地を持って日本、ASEAN諸国で活躍しており、アメリカのニューヨークに事務所を持っています。もし国際特許・商標に対してご相談されたい方は、弊社までご連絡ください。

※取次先に関する質問は、お顔が見える状態になってからお教えしますので、オンラインでの質問はお受け出来ません。